東京時間のドル円は仲値公示に大きく動くことがあります

東京時間のドル円は仲値公示に大きく動くことがあります

 

東京時間のドル円は何時ごろよく動くかといえば9時ごろと10時から11時ごろにかけてです。東京時間の9時55分になると仲値発表が行われます。仲値は、銀行が外国為替業務に適用する当日受け渡しの基準レートなので、大きく動くことがあります。5日や10日などのゴトー日には仲値決済が多いのでドルが不足している場合には、仲値公示に向けてドル買い、円売りが進み、反対にドルが余剰している時は円買い、ドル売りになります。

 

9時に日経平均が寄り付きますが日経平均は前日のダウ平均に影響されることが多いので、前日のダウ平均を見て日経平均が荒れるか予測しておくといいかもしれません。日経平均が落ち着いてるときは、ドル円も落ち着いてるので仲値公示の9時55分まで様子を見ます。そのときに大きくチャートが上昇するようなら他のクロス円も同じような動きをします。香港や上海の市場が開かれるのが10時30分前後なので寄り付きが悪ければ円高方向に動きますし、良ければ円安方向に動く傾向にあります。

 

9時55分に公示された仲値で上昇して中国の市場が開かれてもチャートが下げないときはしばらく横ばいが続くことが多いです。日経平均や中国市場に大きな動きがなければドル円やクロス円は小幅な値動きになります。夕方に1分足や5分足でチャートを見ていると9時55分に発表された仲値公示時のドル円の値が隠れてしまいますが、下げるなら仲値公示の値までゆっくり時間をかけて戻ってくるケースが多いように感じます。東京時間のチャートを見るなら9時55分ごろの値を見ておくと良いです。

 

経済指標発表や日銀の記者会見などがあるときは発表があるまで波が穏やかなことが多く小幅なレンジが続きます。アメリカ時間の21時30分、夏時間なら22時30分ごろには朝の値付近まで戻っていることがあるので、日中の取引は仲値公示を意識しながらFXは動いているように感じます。東京時間のドル円はアメリカ時間に比べて動きが鈍いのでFXをするなら夜21時30分ごろからにした方が動きが活発になるので取引しやすいです。