家族の理解と資金を得られるのなら、もう一度始めたい。

家族の理解と資金を得られるのなら、もう一度始めたい。

 

私がFXに興味を持ったきっかけは、テレビもありましたが、当時就いていた仕事で得る情報でした。FXを始める前から「社会的地位」のあるお客様が多くいらっしゃるバーで働いており、企業の上役に就いてらっしゃる方なんかは「今日だけで100万以上の利益が出た」等の話をされていて、自分も始めてみようと興味から決意へと変わりました。

 

まず、資金は100万円用意しました。FXをやっている他の皆さんが、どう始めたのかは敢えて情報を得ずに始めました。(様々な情報に振り回されないため。)証券口座を開設し、一日二時間ほどと時間を決めて、毎日為替の値動きをチェックしていました。あとは、「下がっているから買う」「上がっているから売る」を少し考えながらも1ヶ月続けてみました。結果はプラス十万円。初心者ながらに何となく手応えを感じたので、自分の中で決まりを作り、約三年間続けました。三年間で自己資金を含めて、約一千二百万円のプラスになりました。使い道はというと、まだ若かったことも手伝って全て娯楽(ほぼ飲み代ですね。)や交際費に使ってしまいました。ここからはFXにあたってのアドバイスと、自身のこれからの願望になりますが…

 

まずは「自分が決めた時間以外は、基本放っておく。」これは結構重要です。二時間なら二時間!と守らないと自分の時間は無くなります。そして、意地になって自己資金以上に突っ込んでしまい、歯止めが利かなくなる可能性がかなり大きいのでリスキーです。自己資金が少ない場合も、コツコツと焦らないことが大事ですね。私もせっかちな性格だったらかなり突っ込んでしまっていたと思います。次に「下がった時に慌てて売らないこと。」為替は上がるときが来るので、値動きを見て下がっていても、まずは落ち着いて即売りはやめた方が後々の後悔も少なくて済みます。

 

現在は結婚もしていて家族がいるので、自己資金の調達も難しいので、資金があるならもう一度始めたいですが…家族の理解もないと始められないので、こちらも少し難しいですね。今から始めようと思っている方は、家族(特に配偶者)の理解と了承を得てからにしましょう。また、仕事も忙しく毎日為替の値動きのチェックもしている時間もないため、「時間と気力も欲しいなぁ~」と思っている次第です。
"